2017年3月21日火曜日

ブログの引っ越しについて

ここから先のブログについては
下記URL「アメブロ」にて継続いたします
http://ameblo.jp/craman/

2017年3月2日木曜日

マツダMPV LW3W 4駆 ミッション修理 後編

前編はコチラ

ミッション降ろし当日 大雪だ
交通機関も正常に動かず うちの会社の前の坂道で何台もスリップしている…

そんななか 友人が電車で到着
早速現車確認をしてもらう
作業として残っているのは、ミッションにつながるハーネスと配管の分離
トルクコンバーターとフライホイールの切断 エンジンとミッションの締結ボルトの切断
大きく分けてこの3つの作業だ
えぇ ここからは、ほとんど助手的な仕事になった
友人が持ってきた工具でパキパキとクリップッを外していく
自分は、友人の手元を明るく照らす
何かやらないと とは思うが、何からやっていいのか分からないのだ

そうそう
ちょっと ここでミッションを降ろすときの説明
大体の車は、エンジンとミッションと大きく2つのブロックがボンネットに収められている
この大きいものが四方4つのゴムで支えられているのだが
このMPV LW3Wは、そのうち3つがミッションにつけられている
と言うことは、ミッションを外すと 残り1つのゴムでエンジンを支えることになる
それはさすがにボディーに負担がかかるので
そこで登場するのが、エンジンホルダー と言う器具だ
あ、この修理の際にボンネットは邪魔だったので 取っています
で、フェンダーのフレームの所にブッとい鉄パイプを渡し
エンジンが落ちて行かないようにチェーンで固定します。
この器具 知人の鉄工所の廃材を活用して自作しました。


で、もう一つ ミッションを外したら降ろさなければなりません
これは単管を何本も買って組み立てて簡易クレーンを制作

これでミッションを支え、レバーホイストで降ろしていきます。
このためにチェーンとチェーンを切るクリッパ それにレバーホイストを購入
ミッションにはM6からM12サイズまでのメネジが切られているところがあったので
それに合わせてボルト丸環を何個も購入 ただ一番力の強そうなM12だが
細ピッチで一般的に売られているボルトは入らなかった。
仕方がないのでM6、M8 など3本くらいのネジ穴を活用しミッションをつりさげた

さて 実際に降ろす前に
切り離さないといけないものがある フライホイールとトルクコンバーター
これが結構強力に接合されているようだ
一般的にはフライホイールの歯車の刃にマイナスドライバーなどをかませて回らないように固定して
接合ナットを外すそうなのだが、
今回はエンジン側に出ているクランクシャフトのナットを長めのソケットレンチを地面に固定し
ナットを外した。

車をそんなに上げていないからなせる業だろう…
フライホイールとトルクコンバータの切り離しが完了した。
で、実際にミッションを降ろす。
友人に下にもぐってもらい 自分はレバーホイストで支持通り上げ下げする
どこか引っ掛かっていないか確認しながら…
どこか引っ掛かっていないか聞かれても 分からないので 大丈夫! と答えると
なんと友人がアースが外れていないのを発見してくれた。
おぉ~ 危ない危ない!
これで大丈夫! と降ろす事に成功するが 実はもう一つ水温センサーがこの時ブチ切れていたのは後程…
ゆっくりゆっくり降ろす
あまり車を上げていないので出口が50cm程しかない
そこで考えたのがデカイプラスチック材の上にクッションを置いてその上にミッションを降ろし
滑らせながら出す方法

これがなかなかナイスアイデア!
ズルズルズル っとミッションが出てきた!
丸裸になったミッションを見て感動! 外せるんやぁ!

話は変わるが、最近ディスカバリーチャンネルの名車再生!クラシックカー・ディーラーズ
と言う番組にはまっている
この番組では、色々な車の仕組みや構造 部品や修理の仕方など分かりやすく放送している。
えぇ! こんなに簡単にできるんや! と思うが
実際にはそんなことはない!
簡単そうに外している部品が固着して取れなかったり
やっている人は分かると思うが そんなにこの部品簡単に取れねぇよ と思っているはず
自分の中では、ボールジョイントは絶対無理!

さて、ミッションが外れたところで昼休憩
ガシガシに凍った道をもう一台の車で王将まで昼飯を食べに行く

場所を移して 今度はミッションをガレージに運び 暖かい状態でさらに
今回の修理の核であるシールの脱着まで行う

トルクコンバーターを外せは その問題のシールが出てくる
これだ

パッと見てもどこが損傷しているかわからない
引っ掛けてシールを取る
よく見ると 内径に傷が数本入っているように見えた これかぁ?
友人によると これくらいの傷でオイルが漏れ出すとのこと シビアだねぇ
新しいシールを打ち込む
これも気を使う作業 片っぽだけ入ってしまわないよう 均等に振り分けながら打ち込んでいく


もう一つシールを購入していたので友人にその交換もお願いする
それは、エンジン側のシールだ
これは、また フライホイールを取らないといけない
力がいる作業 友達には申し訳ないが…手伝う事しかできない

フライホイールを取るとエンジン側のシールが見えた
・・・ オイル漏れてるね…
どうやら こちらもオイル漏れが発生していたらしい
んでもって、こいつは、液体ガスケットも併用しなければ交換できない
3年前AFTのオイルパンを交換した時に買っていた液体ガスケットが役に立つとき!
古いガスケットを綺麗に清掃し 新しいシールに液体ガスケットを塗布し
エンジンにつけようとするが え? 紙パッキンってなんすか そんなのがあるの
その向きが普通に付けると逆になる…

そこは 友人が工夫して 標準通りにつけてくれた
自分一人でやってたら 絶対パニックになってるわ…

で、修理したミッションをエンジンに接合する
下側から通し、チェーンホイストで上げていく
ゆっくりゆっくり 友人がしたから確認してくれている
近くに来たら、エンジンのクランクシャフトと接合しなければならないのだが
これがまた なかなか中に納まらず往生しているようだった

なんにしてもシャフト系の接合は難しいし力もいるねぇ

エンジンとミッションの接合がある程度完了したようなので
これは、自分も部品を組付けていかないといけない と
エンジン系は友人に任せて 自分は足回り、プロペラシャフトの組付けをすることに
プロペラシャフトは、ばらした逆の順序で組み立てていった 簡単
次 ドライブシャフトだ 左側…
入らない… カチャン と音を立てて入るはずなんだが…
何回チャレンジするも 入らない 体力を消耗するばかり…
友人に ヘルプ…
すると ドライブシャフトが真っすぐになっていないから入りにくいのだと・・
正直、まだ足回りにはボーロジョイントを付けた状態だった
これを外すことで、ドライブシャフトの自由度が増すので これも外す
で、ドライブシャフトを真っすぐにして 押し込む 
何回かチャレンジしていると カチョン! と心地よい音がして
今まで以上に中に食い込むのが分かった
はぁ 入った!
で、外したパーツを組み立てていく…
右側も同じように ボールジョイントを外し こっちの方がシャフトが長くて重いんだよね
何回かトライし カチョン! 入った!

友人の方も エンジン回りの組付けがひと段落したようだ

もぉ 寒いし あとは 一人でもできるから 今日はこの辺で終わろう
と解散

まぁ あの寒い中 よくやったわ・・・

次の日
実際にエンジンの始動を行うわけなのだが
ATFを補充しながらセルを回さなければならない
まず ATFレベルゲージからあふれるくらいATFオイルを入れる
セルを回す ドキドキ…
キーを回してみる… チーン と音がしてそのまま動かない…
かなりパニック 壊れたか!
電源系統の配線をもう一度見直してみよう と バッテリーをもう一度外す
問題ないようだ
えぇ? 不安になりながら もう一度バッテリーをつないで
キーを回してみる
すると キュルッ キュリュッ と2回転ほどで動かなくなった。
でも 回った!
これは たぶんATFを吸ったからだと
また ATFオイルを補充する さっき溢れる寸前まで入れたのにゴクゴク入る
で、またセルを回してみる 2回転で止まる
で、またATFオイルを補充する
それを4回ほど繰り返していると
5回目に不安定だけど エンジンが回り始めた
多分トルクコンバーターにATFが充填されたんだろう
一回エンジンを切ってさらにATFを補充する今度はレベルゲージを見ながら
で、さらにエンジンをかける
今度はスムーズにエンジン始動
おぉ~! 直った!
が、メーターにあるエンジンの警告灯が点灯したまんま消えない
そして いつまでたっても温度計が上がらない
まぁ それでもエンジンは回っているんで
とりあえずテスト走行をかねて会社から自宅まで戻ることに



10km位の走行なんだが 車の機械音やロードノイズに神経集中してて
ちょっとフロアで「パキッ」って音がしただけでビビる
そういや ココ増し締めしたっけ… って何か所も気になる

よく車やバイクなどのボルトの頭からマジックで線が入っているが
あれは色々な意味があって
既定のトルク値で締めましたよ っていうのと 振動なのでゆるみがあったら線がズレるので
分かるように見える化の為でもある
その重要性に大いに気づく

いやぁ 整備士っていう仕事の責任の重さを痛感しました
自分でやるとこんなに不安なのに そこを確実に安心して乗れるところまでをやってくれる
スゴイ職業だと思いました。

で、走っても走っても上がらない水温計ですが
またまた友人にヘルプの電話入れたら MPVの水温計センサの場所教えてくれて
ボンネット開けて その箇所見に行ったら なんと センサとケーブルがブチ切れていた
あぁ ミッションを降ろすときにブチ切れてしまったのは想像できた。

そしたら 友人がすかさず追加のメッセージくれて 自宅の近くにMAZDA部品センターがあるはずだから
そこに この部品番号ください って言ったら 在庫有ればその場でくれると思うよ と言われ

翌日 一応朝一で部品センターに電話をかけ 在庫を確認し 取りに行った。
「増し締めが不安なまま」

途中道中 いろんなところから いろんな音がして 遠くから近づいてくるヘリコプターの音にもビビる
何回も安全地帯に止まって 下回りを確認し 問題が無い事を確認し
また走り始める という繰り返しで
なんとか 会社にあるピットまでたどり着いた…

で、まず 水温計センサの交換を行う
次、フロントタイヤを外して 足回りの増し締めを行う
そして、トルクチェックしたところは ボルトにマーキンをしていく
これで締め忘れを防げる 

そして、エンジンをかけると メーターのエンジン警告灯も消えていた


修理を行ってから 2ヶ月近くたった現在
オイル漏れも完全に止まり エンジンも快調

もうすぐ15年目を迎えるMPVだが まだまだ現役で走れそうです。
今度は、岡山国際サーキットまでMVアグスタF4 載せていかなあかんし まだまだ使うからね…

2017年1月21日土曜日

マツダMPV LW3W 4駆 ミッション修理 前編

マツダMPV LW3W 4WD
走行距離16万キロ

ギアボックスからATFが漏れ出しディーラーで修理すると15万ほどかかるという
そもそも活用頻度の少ない車だし 嫁はフレア 自分はデミオ持ってるから足りる
娘たちの遠征やサーキットへ行くのにMVアグスタF4が乗るのでその所便利は良いが
まぁ ダメもとで自分でばらして修理することにした。
色々ネットで研究したが どうしてもわからない所もある
正月、実家に帰って 整備工場で働く義理の弟を質問攻めにする
結果、自分でなんとかできるぞ… と
更に そういえば最近までFCを自分で色々整備していた友人を呼ぼう心強い!
で、義理の弟にオンラインサポート 友人には来てもらって 16万キロのMPVを修理することになった。

修理本番まで
とにかくミッションを降ろさなければ漏れの核心には行きつかない
ミッションを降ろすには、色々なパーツを外さなければならない
順番に
バッテリー、エアークリーナー、ミッションにつながるハーネス、足回り、ドライブシャフト、
プロペラシャフト、セルモーター、ATFオイルクーラーホース、トルクコンバーター
まぁ そんな感じか・・・
それぞれに難関があり頭を抱えるようになる…

今回、ハーネスやネジ類など外しても分からないようにならないため
外すたびにオスメスに緑テープでアルファベットを貼っていった

これは最終的に非常に便利だった 最後までネジ一本迷うことが無かった

バッテリーとエアクリは何回も外したことがあるのでこれと言って問題なくクリア

上から見てそれぞれにつながるハーネス、配管類は 先ほどの緑テープをしながら外していった クリア

さてここから難関が来ます
ドライブシャフトを外すためブレーキキャリパーをまず外します
そしてサスペンション周りの接合部を外していきます。
ロアアームと言うパーツにボールジョイントがはまっているのですが こいつがかなりの曲者
前回、外れないからと火あぶりの刑にしたらシャフトブーツも燃えて大変なことに
でも世の中便利な道具があるんですね
こういうのを抜く工具 タイロッド ボールジョイント プーラー と言う工具で一発!
これで、ドライブシャフトがフリーになるので今度は接合部をギアボックスから抜く作業なのですが
これが、なかなか抜けないのです レバーをテコの原理で突っ込んだり、ハンマーで殴ったり…
固着してビクともしない
左側1本に1時間以上かかけて 最終的に
右足でレバーを踏み込み接合部にテンションかけつつドライブシャフトに傷が付かないように左手のプラスチックハンマー置き
右手に持つポンドハンマーで殴ったら 一発目でパコンとドライブシャフトが外れた…
いやぁ 往生しました ブーツを外すことも考えました…

次!
今度は4駆なのでプロペラシャフトです。
自分ではニュートラルでエンジン切ったと思ったんですが、パーキングだったようです
プロペラシャフトが回転せず4本のネジで接合されているのですが、裏側に手が届かずこれも参りました
知恵の輪のように悩むこと30分 ラチェットの一番長い延長を入れることでナットに届き外すことが出来ました
気が付けが簡単なんですけどね…
こういうのを経験値 って言うんでしょうね…


次セルモーター
え? これミッション外すのと何か関係があるの?? と思っていたのですが
作業を進めていくにつれ、ものすごく重要な場所であることが理解できました
ここを外さないとエンジンとミッションを分離できない重要な接合がここでなされているのです
外します。 すると腐ったスポンジみたいなのがバラバラバラっと落ちてきました
ビックリ! ただのシール材のようです これは新品を注文することにして
?? セルモーター外しただけでは接合部が狭すぎてメガネが入らない
そうそう 義弟からフライホイールとトルクコンバーター外すときは絶対メガネを使ってください と念押しされていた
軽くパニック…
どうしたらええん? と義弟にテレフォン
そしたらなんと とても簡単な回答だった
この穴のそばについてる黒いの ゴムちゃいます? 外せますよ・・・ って
まじ? って実際に手を伸ばすと 工具も使わずポロッとゴムが取れ
その奥に 私を取るのよ と言う感じでナットが見える
なんだぁ…


さて、友人が手伝ってくれるまでに準備しなければいけない作業はこれくらいだった
今日はこのくらいにしておこう 帰ろう と身支度していた瞬間
子連れのお母さんがやってきて、「すみません この子にトイレ貸してもらえないでしょうか」
そういえば、外は大雪 渋滞で車が動かないのかな? と質問すると
そうではなくて、エンジントラブルで車が動かなくなり、今JAFを呼んでいるとのこと

え?! この極寒でエンジンかからないのに車内で待ってるんですか!?
それはダメです! 散らかっていますけど部屋あったかくしますんで中で休んでください!
と伝えた。
お母さんは、本当に嬉しかったのか良いですか? と言って車に残った家族を呼びに行った
お母さん、小学高学年であろう女の子 そして低学年の男の子 そして0歳の赤ちゃん…

赤ちゃん!!!!

これはいかん! と椅子を準備し、暖房を最大にし、 いやぁ ほんとちょっとビックリしました。
自分おってよかったと思いました。

で、男の子が遊ぼう遊ぼう と言ってくるので 相手をしながらJAFを待つ

30分ほどでJAFが到着し エンジンを見るが強制スタート剤みたいなスプレーをエアクリにかけてセルを回すが
キュキュキュと言うだけで全然動かない 結局レッカーすることに

子供たちはお爺ちゃんが迎えに来て お母さんはレッカーに乗り込み お礼を言われて皆さん去っていった


急に寂しくなる。

いや 明日は大事なミッションを降ろす日だ と気持ちを入れ替え 雪道の中FFのデミオで自宅に帰った

続き ミッション修理編は後日上げます

後編はコチラ

2016年8月25日木曜日

『eco SPRAYエコスプレー実証実験 バイクで寄り道旅』 予告4 ルートと準備、積載

なかなか合間を縫って準備するのも大変です
明日はずっと出張らっているので準備ができないのだ
となれば 今日やってしまうしかない
そしてもう一つ心配なのは優柔不断な台風10号!
どこに向かっていくんだ!

準備の中で一つ課題があって、ウエアラブルカメラで録画しながら走行するのだが
自分のコメントも入れたい
うちにあるウエアラブルカメラは3台 GoproとContourとパナの3台
最初GoProをスクリーンに装着して自分を撮りパナをヘルメットに付けて
ジャマーと言う防風を付けて録画するつもりだったが
良い絵が撮れ音声も綺麗に入るのだが ヘルメットがキツイ…
フルフェイスヘルメットだと顔としゃべってる口元動かないし
もう一つの安いジェットヘルは高速走行だと風漏れで目がシバシバするし
と言うことでジェットヘルをもう一つ購入した。
で、ウエアラブルカメラの荷物の積載をしながら配置を考えていると
良い案が浮かんだ リアボックスからアームを出して撮影する手法
これだと前方を撮影しながらミラー越しに自分がしゃべっているのも分かる
大体の荷物の準備ができた しかし鍋が目立つなぁ…

ルートです。
1日目 27日早朝 起きれるか!
なるべく下道で滋賀県目指します 最初の目的地は安土城!
見学できる位に到着するように走り
近所のキャンプ場で一泊

2日目 トヨタ関連の博物館、記念館を回り 岡崎城へ
今、真田丸 徳川家康の時代だからね…
で、中学時代の友達の家へお世話になりに行きます

3日目 まず本田宗一郎ものづくり伝承館に行こうと思ったが 調べたら29日は休みだった
まぁ 浜松は色々モノづくりの盛んな街なのでどこかに行ってみようと思う
そういえばMVアグスタ ジャパン本社も浜松だったよな…
で、15時ころ横浜の企業訪問 たぶん高速使わないと間に合わないだろうなぁ…
で、16時からゴールを目指して走る!

ゴール地点ではeco SPRAYの関連の方々が出迎えてくれるとのこと 照れる!

で、台風の行方にもよるが、4日目は東京からゆっくりフェリーで徳島まで帰りたい…


さて、どんな旅になるやら…


【ブログ管理者からのCM】
社内の教育担当 教育訓練仕組み構築からあらゆる文章要領ルール、評価に是正
すべてプロが変わってお引き受けいたします。
社内での教育担当より安く、確実な改革が出来ます
教育、人材育成、技能伝承を何とかしたい 
その声 我々にお任せください。
技能工研究所フィールイメージ株式会社 

2016年8月24日水曜日

『eco SPRAY実証実験 バイクで寄り道旅』予告3 フィルター施工

技能工研究所フィールイメージの小林です
『eco SPRAY実証実験 バイクで寄り道旅』
今回は、実際にバイクへのエアフィルターにeco SPRAYを塗布する施工を行いました。
ヤバイです! なかなか準備する時間が無いんですよ!
27日の早朝出発しようと思っているのですが
どうせなら、出発まで乗りたくない いわゆる最初の初動インプレッションをちゃんととらえたいんですよね
なので今日は原付で自宅まで帰って、明日は旅に必要なキャンプ道具などを車で持ってきて
同時進行でクライアント業務も行い… ちょっとパニック状態
NC700Xのエアフィルターを外すのは大事だったです サイドカウルと上カバー外してタンク内も外して
やっとエアフィルターBOXにたどり着く
1時間ほどの作業でした
eco SPRAYろ振りかけて装着してエンジン始動したのですが
アイドリングでの変化は分かりませんでした。
また、バイクと言う特性(マフラーの出口が上に向いている)と言うこともあってか
完全燃焼を証明する水の滴りは見当たりませんでしたが、
しっとりと出口が湿っているのは分かりました。




【ブログ管理者からのCM】
社内の教育担当 教育訓練仕組み構築からあらゆる文章要領ルール、評価に是正
すべてプロが変わってお引き受けいたします。
社内での教育担当より安く、確実な改革が出来ます
教育、人材育成、技能伝承を何とかしたい 
その声 我々にお任せください。
技能工研究所フィールイメージ株式会社 

2016年8月23日火曜日

『eco SPRAY実証実験 バイクで寄り道旅』予告2 燃費ベンチマーク

小林です。さて、いよいよ27日から出発です!
あ、台風直撃なら中止するかもしれませんのであしからず
で、効果を検証するには、必ず導入前のデータが必要になります
自分 燃費は気にする方なので、必ずレシートに走行距離をメモしているのですが
それが役に立つとは思っていませんでした。
スタッフに過去2年分のNC700Xに注いだガソリンのデータをすべて引き出してもらいました
結構入れてんなぁ…2年で500リットル近く1万5千キロ走ってるって…
で、本題は、このデータを元にeco SPRAYを使うとどう変化するか!と言うことになります
楽しみです。
過去2年走行平均燃費は『30.3km/l』です




2016年8月16日火曜日

eco SPRAY実証実験 バイクで寄り道旅 ≪予告編≫

小林です
27日からバイクで3日かけて東京を目指し
ある商品の実証実験の旅に出ます
実証実験とは!先ほど会社に届いたのですが

こちらの写真の商品をトライアルしながら 
この商品を開発した方に会いに行くと言うものです。
現場主義の私、自分の目で確認し、感じたものをお伝えしようと思っています。
で、どうせならなるべく下道、自炊、キャンプしながら
前から行ってみたかった
安土城や浜松城、本田宗一郎記念館などを経て 先ほど飛び込みで電話があった横浜の会社様を訪問して
目的地 TOKYOまで目指します。

そうでなくても燃費の良いバイクと評判のNC700X
果たしてさらに燃費は良くなるでしょうか!?

また、この企画 効果を検証するため随時発信します

eco SPRAY
http://eishin-e.jp/product

技能工研フィールイメージ
http://feelimage.co.jp